◆点譜連からのお知らせ

点字楽譜の研究会を9月2日(土)13時から日本点字図書館で開催します

2017年08月19日

点字楽譜の研究会を、9月2日(土)13時から日本点字図書館3階の多目的室で開催いたします。今回は「邦楽の古曲と新曲の点訳」として、箏曲の調絃と点字楽譜の書き方などについて、古曲と新曲の違いなども含めて、みなさまと意見交換をしたいと思います。もちろん、洋楽についてもご意見を出していただければと存じます。
 邦楽については、古曲の「調絃」は絶対音ではありません。では、「固定した音」の表記が原則である点字楽譜ではどうするのか? という大きい課題があります。
 洋楽器でも、皇后様にお越しいただいた7月1日の「点譜連のつどい」で、ホルンで「実音ではない五線譜」が使用されていて点訳者が戸惑うことが話題になりました。
 当日は、音楽に関心のある視覚障害者のみなさまや楽譜点訳のボランティアのみなさまなど、多くの方々のご参加をお待ちしております。
なお、点譜連会員や会員団体所属の方は無料ですが、それ以外の方は資料他の経費のため1000円をお願いしておりますが、この機会に点譜連にご入会いただければ幸いに存じます。
ご参加の方は、資料の用意のこともありますので、できれば事前に、ご所属とお名前をご連絡いただければ幸いに存じます。
eメールアドレスは、pxb02164アットnifty.com(アットを@に)、研究会担当 加藤宛です。どうぞよろしくお願いいたします。

◆これまでのお知らせ

2016年10月01日 韓国のシロアムセンターで製作した点訳楽譜のリストがご覧いただけます
2013年06月29日 ホームページを開設しました。